事業案内


事業案内
技術の新次元へ
ダイシンはダイシンを乗り越えていきます。

 加速度的に集積化が進むエレクトロニクス&メカトロニクス製品。電子部品や半導体部品などの微細チップを整列搬送・供給するパーツフィーダの性能が、生産効率とコストパフォーマンスを得るために重要なキーポイントになっています。ダイシンは培ってきた超精密加工技術と高度な制御技術をもとに、電子デバイス、通 信機器、情報機器、AV機器など多彩な分野に役立つパーツハンドリングシステムを提供。FAラインの能力をフルに引き出します。
 ダイシンは長年にわたりパーツフィーダシステムの研究開発に取り組み、独自の発想により進化してきました。信頼性、スピード、安定性など、多角的な視点からパーツフィーダとはどうあるべきかを追求し、高性能でオリジナリティあふれる製品を世に送りだしてきました。
 そしてさらに新たなニーズにお応えしていくため、パーツフィーダのリーディングカンパニーとしての誇りと責任を胸に、日々、前進を続けていきます。モノづくり未来に貢献するために、ダイシンは、常にダイシンを乗り越えていきます。


先端のインダストリーへ。
ソリューションとは、成果を生み出すこと。

 ダイシンは、お客様の満足にこだわった製品づくりに努めています。お届けするのはハードだけではありません。ニーズを分析し、高度な技術と感性溢れる自由な発想から、最善最良のパーツハンドリングシステムをご提案。設計開発から試作、製造、設置、メンテナンスまでトータルにサポートいたします。
 どんなご要望でもなんなりとお聞かせください。例えば0.4mm×0.2mmといった次世代の超微細チップのフィーディングは、いまダイシンが最も得意とするところ。不可能を可能にするのが、ダイシンの総合力です。
 インテリジェント化された新・本社工場は、光通信によるLANが構築され、CAD/CAMデータのやりとりなど、開発設計と生産現場のスピードアップが図られています。あらゆるプロセスで効率化が進み、速やかなレスポンスでお応えできます。
 お客さまにどれだけ大きなメリットを感じていただけるか。どれだけ期待以上のものを提供できるか。
「ソリューションとは、成果を生み出すこと」と、ダイシンは考えています。


信頼のクオリティへ。
より確かな製品を、性能とともに。

あくまでも開発製品の高品質を追求し、信頼されるブランドを確立する。これがダイシンの品質に対するポリシーです。すべてのスタッフが、常に「品質」とは何かを自らに問い、絶えず改善を繰り返しています。
ダイシンが創るのは、お客様のリクエストに最適化されたカスタマイズド製品。例えるなら、既製服でなくオーダーメイドの仕立服です。技術の匠のすべてを注ぎ、一品一品を丁寧に創り上げます。
品質といっても安定動作すれば良いというだけではありません。製品のポテンシャルをより高度に引き上げ、優れたコストパフォーマンスを実現しなければ、品質がいいとは言えないのです。
常にこうした考え方を基本とした活動が、現在のダイシンの信頼性を世界に定着させたといっても過言ではありません。
ダイシンは、開発から供給まですべてのプロセスで高品質を追求しています。