社長挨拶


社長挨拶
 1979年の創業以来、パーツハンドリングの自動化を最先端で進めてきたダイシン。四半世紀前、初めて蒔かれた独創技術の種は次々と新たな実を結び、エレクトロニクス&メカトロニクスをはじめとする広範な分野で、FAの進化、生産のイノベーションに貢献し続けてまいりました。そしていまでは独自の理論を形にし世界に向けて新たな一石を投じることができるようになりました。いま、ダイシン・パーツフィーダシステムは国内ばかりでなく、世界の市場で大きな評価をいただいています。
 ダイシンの挑戦と研鑽はとどまることを知りません。私たちのパーツフィーダにかける情熱は、つねに世界のモノづくりの流れに俊敏に対応していきます。
 このたびタイシンは、新・本社工場を新築し稼動を開始いたしました。最新鋭の設備と高い生産能力を誇る、先進ファクトリーです。この最高の環境のもと、いちだんとハイレベルなソリューションを提供してまいります。
 私たちは新開発のパラレルフィーダーシステムを筆頭に、多彩 な関連製品を開発製造。それぞれに高い優位性を発揮することにより信頼を勝ち得ています。
 今後もパーツハンドリングの新たな地平を追求し、より魅力的な技術、より高性能な製品をお届けしてまいります。そして【MADE IN JAPAN】である意味を考え、誇りを持ちモノづくりに励みたいと考えます。
 ダイシンのこれからに、ぜひご期待ください。

代表取締役 古田 光